MacBook Air 2018をレビュー!良いところと悪いところ紹介!

Mac
この記事は約7分で読めます。

だいぶ前の話ですが、MacBook Airを公式サイトで購入してきました。

今回は数ヶ月MacBook Airを使ってみての感想と良いところ、悪いところをご紹介していきます。

購入した経緯や、2018モデルの比較なども記事にしていますので、よければ下記の記事もご覧ください。

購入したもの

今回購入したものはこちら。細かいスペックなどは公式サイトから確認してください。

  • MacBook Air 2018(Retina対応モデル) シルバー
  • 1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサ
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel UHD Graphics 617

赤文字部分は、今回カスタマイズしたものです。ストレージとメモリを拡張しました。人によっては「256GBなんて少なすぎる!」と思うかもしれませんが、自分の場合は外付けHDDやオンラインストレージを使うので特に不便さは感じません。

グラフィックがIntel UHD Graphicsであり、少し不安はありましたが、グラフィック性能が問われるような作業をするときは自作PC(GTX 1070Ti搭載)で行えば問題ないかなと思います。(そもそもあまり重たい作業をしないので)

 

個人的な感想

購入前に店頭でいじった感想と同じく、実際に使ってみても従来のMacBook AirとMacBook Proを足して2で割ったような印象です。

使い心地も悪くありません。自分が重視していたバッテリー持ち、重量、サイズなど全てを満たすMacBookであり、まさに(自分にとっては)究極の製品だと思います。

MacBook AirというよりOSの話ですが、macOS Mojaveも自分の使い方とマッチしており、大きなストレスは感じません。

iCloudやiPhone、iPadなどとの連携が素晴らしく、特にAirDropはほぼ毎日使っています。

フリーズやシステムの不具合も今のところ発生していません。

 

MacBook Airの良いところ

やはり、ハードウェアとOSの相性が抜群で動作が安定していますし、操作も統一感があります。Windowsより直感的に利用できるものも多く、特にお気に入りなのは「辞書」アプリです。

標準で様々な辞書が搭載されており、漢字の読み方や単語の意味、英訳なども簡単に行える優れものです。「そんなのGoogleで調べたら?」と思うかもしれませんが、調べ物が多い学生には地味に便利な機能です。オフラインでも利用できますから、外出先でも気軽に調べることができます。

iPhoneなどのiOS端末に近い操作方法や触り心地も機能も良いトラックパッドがとても良いです。

確かにWindowsから乗り換えるとカスタマイズできる部分やフリーソフトの数が少なく、不便に感じることもありますが、そういう時はBoot CampでOSをWindowsに切り替えたり、Parallelsを使ってMac上にWindowsを起動させたりすれば補えます。

 

アプリの使い心地

アプリごとに使い心地をレビューしていきます。

中には酷使しているものから動作確認ぐらいしか行っていないものまであります。

Microsoft Office 2019

Microsoft Office 2019 for Macには大変お世話になっています。

こちらは、すでに別記事でアプリの説明と使い心地を紹介していますのでご覧ください。

Word、Excel、PowerPoint、すべて快適に動作します。

Adobe系

Adobe系のアプリもMicrosoft Officeに続いてよく使うアプリです。

使っているのは

  • Acrobat Pro DC(使用頻度:非常に高い)
  • Photoshop(使用頻度:高い)
  • Illustrator(使用頻度:高い)
  • Dreamweaver(使用頻度:まあまあ)
  • Premiere Pro(使用頻度:ごく稀に)
  • After Effects(使用頻度:ごく稀に)

あたりです。

Premiere ProとAfter Effectsに関しては、動画のエンコード時間が悲惨でした。4K出力はまず不可能だと思った方がいいでしょう。フルHDは気長に待てる方なら問題はありません。

その他は、2D作業なら快適に使えます。3Dモデルなどを作成すると、多少もたつきますが、まあまあ使える範囲です。

Adobe系の製品ではありませんが、Final Cut Proも場合によっては使います。こちらも書き出し以外はまあまあ快適に使うことができました。

そもそも自分は映像系の仕事をしているわけでもなく、YouTuberをやっているわけでもないので、動画編集の快適度は大して気にしていません。動画編集するなら素直にMacBook ProかWindows機を購入すべきです。

Atom・XCode

自分はソースコードの作成は基本的にAtomを使います。XCodeも使うときは使いますが、頻度としてはまあまあといったところです。

まず、Atomは軽量なテキストエディタですので、余裕で動きます。とても快適です。重いファイルも余裕でいじれます。

次にXCode。こちらも特にストレスは感じませんが、ごく稀に動作が重くなることがあります。ですが、あくまで自分的には作業に支障が出るほどではないと思います。

Windows(Parallels)

自分の場合はParallels Desktop 14を使ってWindowsをインストールしていますので、Boot Campを使ったときの動作はわかりません。

ParallelsでMacとWindowsを同時に利用しても、特に不便さは感じませんでした。「Parallelsを使うとメモリが足りなくなる」という評判も聞きましたが、メモリを8GBから16GBに換装したおかげか、メモリ容量に余裕があり、動作も快適でした。

Windows上でMinecraftなどのゲームはまだしていません。そもそもMacBookはゲームに不向きですから、ゲームが目的ならWindowsのゲーミングパソコンを買った方が良いでしょう。

WindowsでMicrosoft Officeを使いましたが、特に問題はありませんでした。非常に快適に動作します。

 

MacBook Airの悪いところ

やはりスペックです。スペック重視するならPro一択です。ただ、スペックが良くないのを知った上で購入していますので、「まあそりゃそうだよな」ぐらいに思っています。

そして何より価格です。Airでも十分高いです。学生はもれなく財布までAirになります。性能面が向上しているので従来型より高くなるのはわかりますが、やはりWindows機と比べるとコスパは悪いです。

個人的にはあまり気にしていませんが、今回のMacBook AirはAppleロゴが光りません。まあ、光ってて得をするのはドヤるためにスタバへ行くときぐらいですが、昔からMacBookを使っているユーザーからすると名残惜しいです。最近のAppleは遊び心を忘れてしまったのでしょうか。

個人差あると思いますが、自分は光らなくなったからと言ってダサくなったとは思いません。むしろこれはこれですごくいいです。鏡面仕様ですので、Appleロゴを鏡としてお使いいただけます。

あとは、USB-Cポートが左側にしかないのが残念です。Proのように両側にあれば最高なんですが、それをやってしまうと(性能を除いて)Proと同じになってしまい、プレミア感が無くなってしまいますから、仕方のないことかもしれませんね。

 

まとめ

非常にバランスのとれたノートパソコンだと思います。Mac入門としても最適です。

動画編集は書き出し以外ならある程度戦力になり、画像編集なども2Dなら余裕でできます。幅広い用途に向いています。バッテリー持ちも申し分ないです。

これから長い間使っていく予定ですが、また気づいたことなどがあればその都度記事にしていくつもりです!

購読する
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを読む
タイトルとURLをコピーしました