iPadがあると不要になるもの8選!

iPad
この記事は約6分で読めます。

「その道具、iPadで代用できませんか?」

iPadを持っていると、様々な道具や荷物を削減し、かばんを軽量化することができます。

この記事では、iPadを持つとどれだけの荷物が削減できるのか、検証しつつまとめてみたいと思います。

 

ノートがいらなくなる

iPadとApple Pencilがあれば、ノートが不要になります。「Nebo」や「GoodNotes」などのノートアプリを使用することで、iPadをノートとして使用できます。

紙のノートと違い、画像の貼り付けや文章のコピペ、削除などが自由自在に可能で、作業を効率化できるほか、見やすいノートを作ることができます。また、PDF化したり印刷したりすることで、きれいなノートをそのまま提出することができます。

さらに、「Split View」機能を使って画面を分割すれば、参考資料などをみながらノートに書き込むことも可能です。参考資料とノートを広げる必要なく、スマートに作業できます。

ノートアプリについては下記の記事で詳しく紹介していますので参考までに。

 

参考書・資料などを電子化(ペーパーレス化)できる

紙の書類はかさばる上になくしやすく、汚しやすい。紙の書類を「Adobe Scan」などのアプリでスキャンしてiPadに取り込めば、荷物を軽量化できるほか資料をなくすことがなくなります。特に参考書は分厚く、重いことが多いので、この恩恵は大きいでしょう。

ページ数の多い参考書をスキャンするのは大変ですので、必要なページだけスキャンするか、いっそのこと電子書籍版を購入してしまうなど、臨機応変に工夫する必要がありそうです。

さらに、電子化するとApple Pencilでサクッと文書にメモや注釈を美しく書き込むことが可能です。いつでも削除することができるので、気軽に書き込めます。

 

ほとんどの文房具がいらなくなる

何気に文房具はカバンのスペースを大きく取ってしまうもの。ですがそのほとんどはiPadで代用可能です。

iPadとApple Pencilの組み合わせで鉛筆、ボールペン、消しゴム、定規、修正テープなどの文房具が不要になります。

ですが、まだまだ文房具が必要になる場面も多く、完全に不要になるわけではありません。せめてボールペンなど最低限の文房具はカバンに入れておきましょう。

 

サブディスプレイがいらなくなる(Mac限定)

macOS Catalinaを搭載したMacのみのメリットですが、iPadがあるとMacのサブディスプレイが不要になります。

24インチなどの大きなディスプレイを持ち運ぶことはできませんが、iPadだったら出先でもMacのサブディスプレイがわりになるので非常に便利です。

サブディスプレイ化には、Catalinaの「Sidecar」という純正機能を使うため、条件さえ満たしてしまえば抜群の連携と快適さを体験できます。

サブディスプレイ化にはもはやケーブルすら不要。Wi-FiとBluetoothを使用できる環境があれば、ワイヤレスで接続が可能です。さすが純正機能というだけあって、遅延もほぼ発生せず、表示が崩れることもありませんでした。快適に利用できます。ケーブルを持っている場合は、さらに安定した環境を構築することができます。

 

本・本棚がいらなくなる

スマホでも電子書籍を閲覧できますが、iPadで電子書籍を閲覧するとより快適です。大きく表示されるので、荷物のほかに目の負担も軽減できます。

ただ、「紙の本がいいんだ」という人も多く、一概に「電子書籍がオススメです」と紹介することはできません。ですが、紙の本より電子書籍の方がスマートであることは事実です。

特に旅行中や出張中で紙の本を持ち歩くと荷物が重くなってしまいますが、iPadだと、たとえ100冊持ち歩こうが重くなりません。他にも、紙の本だと保管場所で悩むこともありますが、電子書籍だと端末上に保存することも可能で、端末の容量が無くなったらクラウド上に保存する、ということも可能です。

また、Kindleなどの電子書籍サービスでは、紙の本より電子書籍の方が安くなる場合があります。コストを抑えたい人にも電子書籍がおすすめです。

 

DVDがいらなくなる

スマホでも映画やドラマ、アニメなどを見ることができますが、電子書籍と同様、iPadで見るとより快適で画質も良いです。Amazonプライムビデオなどの定額ストリーミングサービスが普及してきています。人によってはDVDを購入するより安くコンテンツを購入・閲覧できる場合があります。

筆者は、あらかじめ映画やアニメをiPadにダウンロードしておき、飛行機に乗っている間の暇つぶしとして見ておりました。映画に飽きたら電子書籍、電子書籍に飽きたら映画……と無限ループに陥ります。(笑)

iPadは作業のほかに暇つぶしにも大きく貢献してくれます。

 

ノートパソコンがいらなくなる

場合によっては、ノートパソコンすら不要になることがあります。iPad OSがあれば、パソコンと同じようにiPadを使用できます。Smart KeyboardまたはSmart Keyboard Folioがあれば、パソコン風に文字入力することも可能です。

Microsoft Office 365があれば、iPadでもWordやExcel、PowerPointなどのOffice系ソフトが利用でき、出先で資料作成などの簡単な事務作業が可能です。他にも、iPad版Photoshopなどで簡単な画像編集すら可能です。

iPadは一般的なノートパソコンより軽量ですので、時と場合によってはノートパソコンを置いてiPadのみで出かけると荷物の削減になります。

また、クラウドストレージを活用してパソコンとファイルを同期しておけば、iPadで作成・編集したファイルをパソコンと同期することも可能。逆もまた然りです。

 

モバイルバッテリーがいらなくなる

iPadの大きなバッテリーをモバイルバッテリーとして使うことも可能です。iPadとiPhoneをケーブルで接続すると、自動的にiPhoneの充電が開始されます。

充電の他にも、iPhoneのテザリング機能を使うことで、Wi-FiがなくてもiPadをインターネットに繋ぐことが可能です。もちろん、Wi-FiやBluetoothでテザリングすることも可能ですが、有線でテザリングすると消費電力を削減できる上に、Wi-FiやBluetoothと比べて通信速度が向上します。

 

財布も軽くなる

唯一のデメリット。iPadで様々な荷物を削減できますが、同時に財布の中身まで削減してしまいます。

ただ、ランニングコストはそこまでかからないため、一度購入さえしてしまえば財布の軽量化は防げるはず。(多分)

ですが、安いモデルも用意されていますので、まずは入門用としてそちらを購入して、しばらく使ってみた後に「必要だな」と感じたら上位版を購入することをオススメします。

 

まとめ

iPadがあると非常に便利です。この記事ではiPadがあると不要になるもの8選を紹介してきました。

iPadもiPhone同様、多数のアプリが用意されていますので、今回ご紹介した以外の活用方法も多くあります。

ぜひ、自分にあった使い方を見つけてみてください。

購読する
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを読む
タイトルとURLをコピーしました